menu

息子が結婚しないのは何故なのか

むしろ逆効果?息子が嫌がる結婚の話題

結婚適齢期の息子さんがいる家庭では、親御さんが心配になるのは親心なのですが、息子さんへの接し方や話しかけ方では結婚が遠のく可能性があります。

親としては息子のためを思って言う言葉が逆に息子の反発を買い意地で結婚しないというケースもあります。

息子さんの性格や置かれた環境で違いがありますが、こちらでは基本的に息子さんが嫌がる言葉と言動をご紹介します。

しつこく「結婚しろ!」「結婚しないのか?」と言う

結婚をする気があっても無くても、あまりに小言のように毎回言われる「結婚しろ!」「結婚しないのか?」は聞いていて気分の良いうものではありません。

息子の気持ちとしては「一回聞けばわかるって」「何回も言わないでほしい」というように感じます。

むしろ、結婚はタイミングが大事などとも思っているかもしれません。そんな簡単に「結婚しよう」と思ったら直ぐに結婚できるものではありません。

親としては、親の考えを伝える事は大切ですが、小言のように何度も言うのは避けた方が良いでしょう。言われた方も意地を張るという事も考えられますので。

また、自分の気持ちを息子に伝えた後は、息子がどのように考えているのかを聞いてみる事も大事なのです。

息子がどのように結婚について考えているのか今後どのようにしていきたいのかを確認するのも親にとっては安心しますし、息子にとっても気持ちや考えの整理につながります。

一度息子さんと結婚に関していろいろ話し合ってみるのが良いのではないでしょうか。

息子と同じ年齢の知り合いの結婚話や子供が産まれた話をし過ぎる

悪意はないけどついつい言ってしまう「○○さんの息子の○○が結婚したんだって!」「○○君に子供が産まれたんだって!」などは、自分に結婚しろと遠まわしに言っているのかなと息子は感じてしまうようです。

時々なら大丈夫ですが、頻繁にそんな話を聞くと「またか!」と思ってしまいます。

ですので、世間話程度でもタイミングを見て、言い過ぎない方が息子の気持ちにブレーキをかけないと意識しておきましょう。

何も言わない「結婚」についての話題も無い

「結婚しろ!」」「結婚は?」と言い過ぎるのも嫌ですが、結婚に関する話を全然しないのも無言のプレッシャーとして感じる人が多いようです。

言い過ぎてもダメ、全然言わないのもプレッシャーとなると「どうしたら良いの?」とお思いでしょうが、これはやはり普段から適度なコミュニケーションをとっているかに掛かっています。

普段からコミュニケーションが足りていないとお互いに言いたい事がうまく伝わりませんし、お互いに勘違いする事も多くなります。ですので、普段から適度な距離感でコミュニケーションをとっているご家庭であれば、結婚の話題も適度に話でき反発も少なるでしょう。

息子の結婚のために何かしたい方

  • 息子のために何ができる?
  • 息子には早く結婚してほしい!
  • 自分に手伝えることがあるなら!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
息子の結婚について相談してみる!
息子の結婚の為に出来ることをしてみる!

Top